‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

車内の空気をリフレッシュする消臭、除菌グッズ

2015/04/23

カビや雑菌は快適な湿気と栄養となる汚れが好みですから、除菌を行う事が車内の清潔さに重要なので、車内清掃を行う事が大切ですし、習慣として汚れを取り除く意識が求められます。
篭った空気は気持ちに関わりますし、空気を入替えるだけで新鮮さが味わえますから、掃除を行う場合は常に窓を開ける事が大切なので、目に見える汚れだけではなく全体的に掃除を行います。
車内掃除を行う場合は、手が触れる場所の汚れ落としが基本ですし、アルコールを含む製品は除菌効果がありますから、物理的に拭き取りを行い菌を減らす事が大切です。
スプレータイプの除菌方法もありますが、栄養源となる汚れを落とす事が前提なので、基本的には拭き掃除を行う事が最も効果的です。
消臭を目的とした掃除を行う為には、臭いの元を探す必要がありますし、発生源が残っていれば時間と共に広がりますから、しみ込んだ臭いは徹底的に追い出します。
シート等の触れる部分を拭き取る事も大切ですし、埃は臭いを吸着しますから、掃除機を活用して深く入り込んだ埃を取り除く事でも、不快な臭いを減少して消臭を実現する事に繋がります。
日頃から換気回数を増やす事も消臭効果を高めますから、好みの香りグッズと組み合わせる事で快適な空間を演出します。

車内掃除の便利グッズ

2015/04/23

車を大事にしている人は、社内を見ればすぐにわかります。
シートやダッシュボードが埃をかぶっていることはありませんし、足元のシートに汚れが目立つということはありません。
車の外観をきれいに洗車しているのは当然です。
同乗者として車に乗り込んだときに、車内清掃が行き届いていると気持ちがいいものです。
社内の汚れを放置していると、臭い匂いがこびりついてしまう恐れもあります。
定期的に掃除をして、匂いが発生しないように努める心がけも大切です。
日常的な清掃という意味合いでは、何ら特別なものはいりません。
シートやフロアは掃除機をかけて、ごみや埃などを取り除き、ダッシュボードの上やインパネまわりの埃を拭けばそれで十分です。
また、便利な車内掃除グッズを使えば、もっと能率よく清掃ができます。
車内の電源で稼働するハンディタイプのクリーナーなど、非常に役に立ちます。
掃除機をかけるときは、フロアのマット類は一旦取り外して、マットの裏側も掃除することを忘れては行けません。
車内の拭き掃除には、マイクロファイバーの布がベストです。
拭いた後に水分があまり残りませんし、軽く拭くだけでも汚れを簡単に取り除けrかき出すことができるからです。
ダッシュボードやセンターコンソール、ウィンドウの内側などと拭いていけば、車内は非常にきれいになります。

エアコンフィルターで花粉をカット

2015/04/23

エアコンは快適な空間を実現する機械ですし、車も温度や湿度を調節して快適性を実現しますから、真夏の炎天下でも過ごし易い状況を作り出せるので、車の移動場所を限定せず重要な役割があります。
外の空気と入れ替える役割もあるので、新鮮な空気を車内に取り込む事が出来ますが、埃や花粉も同時に侵入しますし、対策を行わないとアレルギー反応が起こる可能性はあります。
エアコンフィルターを使用すると外部のゴミを取り除けますから、車内の空気に含まれる埃等を減らせますし、高性能なフィルターを使うと小さなゴミも捉えられるので、性能の高さで選ぶ事も大切です。
高性能フィルターであっても対応出来るゴミの量には限界があるので、フィルターの汚れを見て交換する事が欠かせませんし、汚れ方が激しい場合は交換時期が早まりますから、目で見て確認する事が必要です。
車で走る場所によって空気の汚れは違い、都会よりも交通量が少ない地域ほど空気は澄んでいますから、フィルターの交換時期は延びるので、フィルターに必要な維持費は減少します。
空気清浄機も補助的な役割として活用出来ますから、エアコン用のフィルターと併用する事で車内の空気をより清潔に保てますし、小まめなお手入れが性能の維持に繋がります。

車にも空気清浄機を設置できます

2015/04/23

空気の汚れが喉の不快感に繋がりますし、埃に含まれる物質によりアレルギー症状を引き起こす事もありますから、車内の空気を考える事が安全に影響するので、常に清潔な空間を維持する事が大切です。
閉め切った室内よりは外気の方が綺麗な事はあり、車内から発生する化学物質は数多くあるので、定期的に空気を入替える事が欠かせませんし、車内部の汚れを外に追い出す事が必要です。
定期的な空気の入れ替えは必要であっても、冬場は寒さで窓を開ける事が面倒になりますし、夏場はエアコンの冷気を外に逃す事になりますから、窓開けの回数は自然と減少します。
窓を開ける事が難しくても、空気を綺麗に保つ事は重要なので、空気清浄機の導入は車内空間の維持をサポートしますし、小さな埃や花粉を含めて減らす事に役立ちます。
車用の小さな商品が販売されていますし、サイズが小さくても高性能フィルタを搭載している事は珍しくありませんから、家庭用製品に負けない性能があるので、車内の空気を綺麗に保つ事が実現出来ます。
フィルタが高性能であっても埃を取り除く事は大切ですから、説明書の内容に従って定期的な掃除を心掛ける事により、車を清潔で過ごし易い空間に変えられます。

花粉、黄砂、ホコリに負けないカーグッズ

2015/04/23

春はポカポカ暖かい陽射しで桜も咲き、すごしやすい季節ですが、やさしいだけではありません。春風は、山からスギ花粉を、中国からは黄砂を運んできて、また強い風はホコリを舞い上げ車を汚します。カーライフにおいてもこれらへの対策が必要ですが、ショップには、さまざまなカーグッズが販売されています。
まず車内の対策の一つ目は、空気清浄機です。花粉やホコリのほかPM2.5まで除去するものまであります。
次はエアコン対策です。クリーンな空気を車内に取り入ために、エアコンにはフィルターがついていますが、一般的なタイプはゴミを除去するだけです。細かい粒子も取り除き、抗菌、消臭までしてくれるエアコンフィルターがあります。
車内のカーペットやシートに付いてしまった花粉たちを取り除くには、やはり掃除機です。シガーソケット電源で使用できるものや、充電式でコードレスのものなどがあります。
ボディについたホコリをいきなりふき取ってはいけません。キズをつけることになります。まずは水洗いからですが、高圧洗浄機が人気です。ボディを擦らず、水圧で汚れを一気におとします。
ワックスはボディについた水分をはじき、水玉にするものですが、水分が乾くと水玉模様の跡が残ります。これとはまったく逆の発想で、親水タイプのコーティング材があります。雨水を水玉にせず、滑らかな水膜にするもので、防汚効果ならこちらがお勧めです。

花粉症でもドライブを快適に楽しむ!

2015/04/23

毎年決まった時期に顔の粘膜が痒くなり涙や鼻水やくしゃみが止まらなくなる花粉症は、ドライブにおいて非常に厄介です。顔の粘膜が痒くては運転に集中できませんし、涙やくしゃみという生理現象が長引いては安全確保が難しくなります。快適な長距離移動のためには、いかに花粉症の症状が悪化しないようにするかを考えることが大切です。以下に示す3点を全て実践すると、辛い生理現象に悩まされにくくなります。1つ目は、花粉の侵入を防ぐマスクを着用することです。悩ましい症状の原因物質が鼻に入ってこないだけでも、症状の悪化を押さえ込めます。2つ目は、車の運転中に窓を締め切るということです。花粉の侵入を防ぐことが主な目的で、その他には生理現象を誘発するアレルギー物質が車内に入らないようにすることも望めます。3つ目は、屋外の空気を車内に取り入れないようにすることです。ほとんどの車は、ツマミを調節するだけで実践ができます。花粉症の症状は、症状の原因物質が少しでも体内に入り込むことで悪化することが少なくありません。以上3つの対策で、症状が出てしまう前に原因物質の侵入を封じ込めてしまうことが重要です。窓の締め切りや屋外の空気の取り込み遮断は、同乗者に断りを入れた上で実践しましょう。

ナビに地デジを取り付けるには

2015/04/23

ナビに地デジを取り付けるには、地デジチューナーは画質も音質も良い為純正ナビにモニターを取り付ける方法を取ると、それでかなり良い音質や画質のものを取り付ける事となります。
純正のナビは、それだけディーラーの車にフィットしている事となる為、そこを上手につなぐ事となれば、より良い音質や画質で音楽や映像を楽しむ事が出来ます。ワンセグチューナーの内蔵されたものであれば、こうしたモニターを変えるだけでも画質が上がったりする事も確認出来ていて、そこを踏まえて調整をおこなって行く事もとても大切な事となります。まずは、ナビと画面がしっかりとつながっている事を確認しながら、テレビのアンテナもやはり電波をキャッチする事となる為、そう言った所も確認しながら取り付けを行う必要があります。まずはドライブのお供としてしっかりと機能を果たしてくれる事が重要であり、テレビなどは走行中は見れない設定である事で、停止している状況で画面を見れる設定となっています。モニターを取り付けてそこでナビやテレビを使える様にする事は、とても素晴らしい事となり、ドライブを楽しめる機能が付いている事となっていて、音楽やテレビやナビを使いこなせる様です。

地デジってアナログと何が違うの?

2015/04/23

自宅のテレビ放送は大きな変更が行われ、それによって車のテレビも対応する必要がありますから、放送が地デジに変化する事により、視聴環境や録画も変わっています。
デジタル化された事で画質が向上していますし、複数のデータを一本の電波にまとめる事が出来るので、必要に応じた放送の柔軟性がありますから、放送局や視聴者にとって様々な可能性が広がります。
情報の管理方法がアナログとは変わっているので、不十分な受信状況の場合に発生するノイズが異なりますし、アナログ時は不安定な受信でも音声は再生できましたが、デジタル化によって映像と共に音声も途切れる事があります。
安定した受信が可能な環境であれば、画像の質が向上していますから、発色や綿密な画像が表示されますし、録画機器の性能向上でそのままの画質で保存出来ます。
ワンセグ放送はデジタル化によって生まれた放送方式ですから、移動してテレビを見る場合に適した方法ですが、情報量は最小限に抑えられているので、映像はノイズが多く動きの面でも通常放送に劣ります。
受信の行い易さが優先されているので、目的別に利用する事が大切ですし、ワンセグとフルセグは同時に受信されていますから、放送を見る機器の性能によって選択出来ます。

 

道路情報を無料でゲット

2015/02/25

地デジチューナーを車に取り付けると、より楽しいドライブができること請け合いです。たとえば、テレビを高画質で楽しむことができます。従来の地デジに対応していない車載テレビと比べると、映像の鮮明さが格段に良くなっていることが理解可能です。良質な電波設備とチューナーの高性能化が成せる技なので、車載テレビを取り付けるなら迷わず地デジ対応製品を選ぶことが有効です。また、音質も地デジチューナーが優れています。最新の放送に対応するべく、音響設備も一新されたのが理由です。好きな番組を良質な音で楽しめるなら、運転が大好きになります。娯楽性に富んだ地デジチューナーには、もう1つ忘れてはならないことが道路情報と天気の詳細取得です。誰もが得たいと考える情報には、それ相応の料金が必要なことが多いですが、地デジチューナーでは無料で天気などの情報を入手できます。行楽地へのドライブを想定すれば、こまめに天気の情報をみながら行程を考えることが可能です。天候が悪くなれば、早めに休息を取ることがやりやすくなります。道路の情報を無料で得られると考えれば、地デジチューナーが娯楽品だけではないことが容易に理解できるようになるでしょう。