花粉症でもドライブを快適に楽しむ!

毎年決まった時期に顔の粘膜が痒くなり涙や鼻水やくしゃみが止まらなくなる花粉症は、ドライブにおいて非常に厄介です。顔の粘膜が痒くては運転に集中できませんし、涙やくしゃみという生理現象が長引いては安全確保が難しくなります。快適な長距離移動のためには、いかに花粉症の症状が悪化しないようにするかを考えることが大切です。以下に示す3点を全て実践すると、辛い生理現象に悩まされにくくなります。1つ目は、花粉の侵入を防ぐマスクを着用することです。悩ましい症状の原因物質が鼻に入ってこないだけでも、症状の悪化を押さえ込めます。2つ目は、車の運転中に窓を締め切るということです。花粉の侵入を防ぐことが主な目的で、その他には生理現象を誘発するアレルギー物質が車内に入らないようにすることも望めます。3つ目は、屋外の空気を車内に取り入れないようにすることです。ほとんどの車は、ツマミを調節するだけで実践ができます。花粉症の症状は、症状の原因物質が少しでも体内に入り込むことで悪化することが少なくありません。以上3つの対策で、症状が出てしまう前に原因物質の侵入を封じ込めてしまうことが重要です。窓の締め切りや屋外の空気の取り込み遮断は、同乗者に断りを入れた上で実践しましょう。

コメントは受け付けていません。