地デジってアナログと何が違うの?

自宅のテレビ放送は大きな変更が行われ、それによって車のテレビも対応する必要がありますから、放送が地デジに変化する事により、視聴環境や録画も変わっています。
デジタル化された事で画質が向上していますし、複数のデータを一本の電波にまとめる事が出来るので、必要に応じた放送の柔軟性がありますから、放送局や視聴者にとって様々な可能性が広がります。
情報の管理方法がアナログとは変わっているので、不十分な受信状況の場合に発生するノイズが異なりますし、アナログ時は不安定な受信でも音声は再生できましたが、デジタル化によって映像と共に音声も途切れる事があります。
安定した受信が可能な環境であれば、画像の質が向上していますから、発色や綿密な画像が表示されますし、録画機器の性能向上でそのままの画質で保存出来ます。
ワンセグ放送はデジタル化によって生まれた放送方式ですから、移動してテレビを見る場合に適した方法ですが、情報量は最小限に抑えられているので、映像はノイズが多く動きの面でも通常放送に劣ります。
受信の行い易さが優先されているので、目的別に利用する事が大切ですし、ワンセグとフルセグは同時に受信されていますから、放送を見る機器の性能によって選択出来ます。

 

コメントは受け付けていません。